コラム:column / タイヤに関する豆知識をご紹介します!

HOME > コラム > 冬道の注意点!!

2014/10/31 冬道の注意点!!

皆さん北海道でも今シーズンの初雪も観測され、北国ではスタッドレスのシーズンが始まりましたね!!

名古屋ではまだ先になりそうですが、今年初めてスタッドレスを装着される方や雪国に車で出かけられる方

などのために、冬道(積雪や凍結した滑りやすい路面)を走行する上で特に滑りやすい6つのポイントと、

運転時に気をつけていただきたい6つの注意点を今回はご紹介したいと思います。

 

1.交差点

日本の道路を走行すると必ず通る交差点ですが、冬の時期には通行する車のタイヤによって凍結した路面が

磨かれて、ツルツルになっていることが多い危険な場所になります。また、積雪の多い雪国では雪の壁ができて、

交差点自体が見えなくなります。交差点を知らせる合図などを見落とさない様に注意しつつ、しっかりと減速を

しながら走行しましょう

 

2.カーブ

遠心力によって車は外へ外へと流れやすくなります。横滑りや対向車に注意して、カーブに入る前にしっかりと

減速をするように心がけましょう。

 

3.トンネルの出入り口

眼の明暗順応で先の状況が見えにくいため、路面状況の変化を予測した運転が重要となります。

あらかじめトンネルの出入口の手前では減速などをして、危険予測をすることが大切です。

 

4.坂道

下り坂では止まりにくいので事前に十分な減速を。登り坂では空転などに気をつけた発進時のアクセル操作や、

目で見ることができない坂の上の危険予測をあらかじめしておくことが重要です。

 

5.橋の上

吹きっさらしの路面は凍結している可能性が大です。橋=凍結した路面と心得て、安全な速度で慎重に通過しましょう。

センターラインが見えなくなることもありますので、対向車とのすれ違いなどにも注意して走行しましょう。

 

6.日影

大通りなどの路面で氷が溶けていても、日中日影になる場所ではいつまでも氷が融けずに残っている

可能性が高いです。冬の期間中は日影は注意して走行することを常に心がけておきましょう。

 

今回ご紹介した6つのポイントは冬道で特に滑りやすいポイントです。冬道ではこの6つのポイント以外も

常に注意を払って運転することが大切です。次に運転時の注意点を紹介していきます。

 

1.発進時

冬道での発進時にはタイヤの空転を防ぐために、ローギアでゆっくりとアクセルを踏み込みましょう

ローギアでスリップする場合はセカンドギアで発進することも一つの手です。

 

2.加減速

先ほど紹介した特に滑りやすい6つのポイントを通るときなどは、事前に安全な速度まで減速することが

重要です。またその際に一気に減速するのではなく、ブレーキを小刻みに踏んだりエンジンブレーキを有効に

使うことも重要です。路面状況がよく見通しの良い広い道路に出た場合も、急加速をするのではなく、徐々に

加速していくことを心がけましょう。

 

3.急ブレーキ

グリップが低下している冬道での急ブレーキは、タイヤがロックしやすく大変危険です。

ブレーキペダルはかかとを床につけてゆっくりと踏むエンジンブレーキを有効活用するなどの、

冬ならではの運転のコツを身につけましょう。

 

4.車間距離

冬道ではブレーキを踏んでからの停止距離が非常に長くなります。自車が余裕を持って止まれるのであれば

後続車にもその分余裕ができます。追突をしない・されない車間距離で走ることを心がけましょう。

 

5.走行速度

今まで紹介してきた全ての場所と状況に対して言えますが、冬道では基本的にゆっくりと安全な速度で走る

ことが重要です。特に危険ポイントを走るのであればすぐに止れる速度で走りましょう!!

 

6.過信

冬道での事故は、ドライバーの過信が引き起こすものが多いです。

例えばですが冬道に強い4輪駆動の車ですが、冬道に強い点は発進時だけになります。

停止時に関しては2輪駆動の車と性能は何も変わりません

このことに勘違いをしていて、スリップを起こして事故を起こす方も意外に多いんですよ!!

例え毎日通る慣れた道でも過信することなく、常に慎重になって運転しましょう!!

 

冬道の走行は、普段の路面での走行とは別物となります。仮に人間がすぐに反応したとしても、車がその反応に

答えてくれなくなるのが冬道なのです

冬道を走る場合は「ゆとりをもった運転」を心がけ、常に危険予測をし、慎重に走行することが重要です。

ちなみに、名古屋市でも昨シーズンは12月に3日1月に14日2月に8日も氷点下を観測しています。

愛知県でも路面は凍結するので気をつけて下さい!!

皆さんもしっかりとした心構えと準備をして、冬道を安全に運転をしましょう。

お気軽にお問い合わせください!!(052)433-5557

目玉商品 お得なクーポン 自慢の広告 ブログ
A-1営業日 カレンダー

定休日

こんなに豊富な取扱いメーカー